学生の自主・共創の精神を養成し、学部学科の分野を横断する自主的なプロジェクト活動を支援

イノベーション創成担当では、プロジェクト活動の計画・実行に関する助言、活動場所や発表機会の提供、目標の達成度評価、活動成果の発信などを支援します。
学生は「自らを創成する」ことを目的に様々なテーマに取り組み、また、地域貢献として子ども達を対象にした科学イベントや企業との交流なども行っています。
プロジェクト活動は、審査会(5月)、中間報告会(11月)、和歌山大学との合同発表会(12月)、最終報告会(2月)、という流れで実施しています。

 ご支援について
 学生プロジェクト一覧へ

学生プロジェクト

学生代表挨拶

私たちはイノベーションプラザで『ものづくり』を中心とした活動に日々励んでいます。ここでは、学生自身がプロジェクトの計画から実行までの全ての工程を運営しているため、座学だけでは学ぶことが難しい『自主性』・『アイデア力』・『マネジメント能力』などを実践的に伸ばしていける環境が整っています。これらの能力は大きな力となり、イノベーション人材として、これからの社会において活躍していける『人財』を目指せることが出来ます。

現在イノベーションプラザでは7つのプロジェクトが活動しています。私もその中のロケットプロジェクトに所属して活動しています。私自身、入ったばかりのときは、イノベーションのイも知らないような所からのスタートでしたが、2年間のプロジェクト活動を通して、イベントの主催・運営の経験や外部に向けての報告・広報活動などに携わり、コミュニケーション能力やマネジメントについての経験を深めることが出来ました。現在においてはこれらの能力を活かし、日々の学生生活やプロジェクト活動だけでなく、他大学との交流や企業との連携の際にも大いに役立てることが出来ています。

これからも私たち自身の目標の実現に向かいながら、日々イノベーション人材として成長していけるように邁進していきます。

理工学部理工学科機械科学コース3年 丸橋瞭志郎

学生プロジェクト一覧